読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てんぱ日記4

就活が終わり卒業単位も取得済みでそのうえ卒論も書かないという圧倒的暇をもて余した僕がブログを再開したんですけど暇な日は書くことなくて暇じゃなかった日はもう書くのめんどいってなるこの葛藤を乗り越えて書いてる暇人の暇人による暇人のための別に今流行りの意識高い系ブログではないのでまずは気楽にブックマークするところから始めてみたら良いと思うよ。

ガッキーと契約結婚する妄想がしたい。

f:id:haseyaaaaman:20161116175036j:plain

 

昨夜はまさかの星野源に先を越されるという失態を侵してしまいその動揺からブログを更新できませんでしたがやっぱり僕はガッキーと契約結婚する妄想がしたいです星野源は見た感じ1LDKの快適なお部屋にお住いのようですが、あいにく貧乏学生の僕は6畳1間。しかしそれは否応がでもガッキーとの物理的距離が近くなるということなのだ!!ざまーみろ星野源!!ひとりでしこってろ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~PM.23:50~

 

ガッキー「シングルベッドなんですよね」

 

僕「問題ありません。ベッドで寝てください」

 

ガッキー「そんな!従業員が床です」

 

僕「女性を床で寝かせるわけにはいきません。上司の指示には従っていただきます」

 

ガッキー「・・・スミマセン」

 

僕「案外床もヒンヤリして気持ちいいんです」

 

ガッキー「はぁ」

 

 

 

 

 

 

 

~消灯~

 

 

 

僕「クシュンッ」

 

ガッキー「寒いんですか?」

 

僕「いえ、ちょっと」

 

ガッキー「もう11月です。床で寝てたら風邪ひいちゃいますよ」

 

僕「いや、しかし・・・」

 

ガッキー「一緒にベッドで寝ましょう」

 

僕「!!」

 

ガッキー「嫌なんですか?」

 

僕「いや、そーゆうわけでは・・・」

 

ガッキー「たまには女の子の言うことも聞いてください、さあ!!」(腕を引っ張る)

 

僕「うわっ!!」

 

 

 f:id:haseyaaaaman:20161116175524j:plain

 

 

 

僕「ふっ不可抗力です!!」(ガバッ)

 

ガッキー「」

 

僕「すみません、もう寝ます。おやすみなさい」

 

ガッキー「ちょっとドキッとしちゃいました。おやすみなさい」

 

僕「・・・」

 

 

 

 

 

 

 

~20分後~

 

 

 

僕「(眠れない・・・)」

 

ガッキー「はせやんさん、もう寝ました?」

 

僕「・・・寝ました」

 

ガッキー「なんだか眠れないんですよね」

 

僕「・・・」

 

ガッキー「腕枕してもらってもいいですか?」

 

僕「!!」ガバッ

 

ガッキー「ダメですか?」

 

僕「ダメに決まってるでしょう!!何考えてるんですか!!」

 

ガッキー「そうですか、ダメですか・・・」

 

僕「ダメです。あくまで僕たちは従業員と雇用主の関係。そのようなことは・・・できません」

 

ガッキー「もう勤務時間外ですが」

 

僕「とにかく、ダメです。狭いならやはり僕は床で寝ます」

 

ガッキー「・・・じゃあ、腕枕は諦めます。そのかわり」ギュッ

 

僕「!!」

 

ガッキー「くっつくくらいはいいですよね」

 

僕「な・・・!」

 

ガッキー「ぎゅ~~っ」

 

僕「(胸が当たっている・・・!!)」

 

ガッキー「はせやんさん」

 

僕「・・・はい」

 

ガッキー「ここまでやっても、ダメですか?」

 

僕「・・・なにがでしょう」

 

ガッキー「いいですよ、私。はせやんさんとなら」

 

僕「・・・結衣さん」

 

 

 

 

 

 

 

Chu♡

 

 

 

 

 

 

 

 

えんだあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか。個人的には「ぎゅ~~っ」ってとこがお気に入りです。ドラマではムズキュンが支持されているようですが、はせやんは違います。チョッキュンです(直球でキュンキュンの略)。ガッキーに「新しきしたぎむなしい秋の朝」なんて詠ませてたまるかボケェ(下着がひらがなで書かれているってのはかわいいけど)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あーガッキーと契約結婚してえ。

 

 

 

 

 

でわ。